山梨開催のメリット

 

国内最大級の宝飾産業の B2B 展示会『ジャパンジュエリーフェア』(JJF)が

インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社、一般社団法人日本ジュエリー協会、山梨県水晶宝飾協同組合による共同主催のもと、

山梨県甲府市のアイメッセ山梨にて 2021年9月1日から3日の3日間にわたって開催

地方都市・甲府市で開催する理由

周囲を奥秩父山塊、御坂山地、南アルプスなどの山々に囲まれ、日本一の渓谷美とも称される昇仙峡を有する地方都市。大都市ではなく、のどかな地方都市という形容がふさわしい地で国際展示会が開催されるのには大きな理由があります。

ー世界有数の宝石加工の街・山梨県甲府市ー

今から約1000年前に水晶の原石が発見されたことが、甲府での水晶細工の起源とされています。江戸時代から貴石の研磨や加工技術が発展していき、昭和初期には研磨技術の躍進により、様々な宝飾品がつくられるようになりました。現在でも、伝統技術を引き継いだ多くの職人やメーカーが軒を連ね、ジュエリーの生産量日本一を誇っています。宝石加工の街として歴史を積み重ねてきた甲府市には、「ジャパンクオリティ」につながる多くの先人の知恵や技術がたくさん詰まっています。

ー産地型イベントを通じた、業界プロモーションと啓発活動ー

ジャパンジュエリーフェア 2021 では、ジュエリーの産地だからできる現場見学体験ツアーや業界セミナーを企画しています。協会団体との専門性の高いセミナーの開催や交流の場を設けトレードショーと一体になることで、山梨県の地場産業を盛り上げるとともに、宝飾業界のプロモーション、若手人材育成につながる「産地型イベント」を実現します。例年の東京開催では成しえなかった、ジュエリーの産地だからできる工場見学・体験ツアーなどの学びの場の提供を計画しております。ただのトレードショーではなく最新の情報やノウハウを共有する場として業界の活性化に貢献します

ー業界の皆様が安心して集まれる場所ー

「1年以上お会いできていないお取引先がいる」「主要取引先とFace to Faceで商談できていない」「既存の取引先を含め、新作の提案がてきていない」などの状況を打破し、これまで当然のように展開されていたビジネスを再スタートさせる場所がJJF2021であると主催者は考えております。オンラインだけでは完結できない、「相手との信頼」がキーになる業界だからこそ、地方のバイヤー様も安心して集まれる山梨県をJJFの開催地として選びました。

ー「B2B コンセプト」の維持ー

2020年以降、本来のB2Bイベントが開催されずにいる中、JJFはプロの買い付けの場としてはもちろんのこと、最新情報の収集や新たなビジネスマッチングの場を実現します。
業界のプロが一堂に会するB2Bイベントを確実に開催できるよう、ジュエリーの産地・山梨にて「原点回帰」を図ります。

 

ご出展のお問合せ・資料請求はこちら≫